aa 美容外科で行う更年期障害の治療とは

いつまでも美しく健康で過ごしたいという願いは、女性であれば誰しもが抱いている思いではないでしょうか。しかし、年齢を重ねることで経験する肌のたるみや体力の衰えなどは、残念ながら自分一人の力でカバーしきれるものではありません。 特に閉経を迎える世代に多い更年期障害は、心身共にダメージの大きい症状を伴うもので、日常生活に支障をきたして婦人科を受診する方も大勢います。更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れとされており、症状の緩和には女性ホルモンの補充療法や漢方療法、ハリ治療など、様々な方法が用いられています。

実は更年期障害の治療は美容外科でも受けることができます。美容外科では主にプラセンタを注入する方法で更年期障害の症状を緩和させています。プラセンタはサプリメントや化粧品などにも使用されることの多い成分で、高い美容効果を持つことでもよく知られているものです。

婦人科で行うホルモン補充療法には足りなくなったホルモンの量をカバーするという利点がありますが、プラセンタほどの美肌効果を期待することはできません。つまり、プラセンタを使用した治療法は更年期特有の様々な不定愁訴を緩和させるだけでなく、年齢と共にトラブルの増える肌を蘇らせることも可能となっているのです。 また、美容外科ではプラセンタの他にもいくつかの治療法を行っています。美しくなることで気持ちにハリが生まれると、辛い時期も前向きに乗り越えられるはずです。

。ほくろの大きさや状態などによって施術方法も異なりますので、自分の悩みに合ったタイプを探してみましょう。


ページTOPへ